マイルス・ディヴィスの人物相関

JAZZ評論家、音楽ライター高木信哉さんの

今日の講座は、マイルス・ディヴィス1926-1991《生誕90年没後25年》。写真右


JAZZの王といわれたようだが

音楽交流・構成の素晴らしさは、チャーリー・パーカーに始まりジョン・コレトレーン、ビル・エバンス、キャノンポール・アダレイと続くが相関図の説明でさらに影響力の大きさを知る事となった。


新進気鋭のピアニスト挟間美帆さんの タイムリバー などは力強い若さが溢れ出る音階を聞く事ができ感動である。


帰り道の寄り道は

東海道で和やかな江戸時代にタイムスリップ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。