50年前の記憶

夏休みを利用しパスポートを持って《アルバイトと親戚から寄付を集め旅費を作りました》

朝、上野から夜行列車に乗って20歳の一人旅出発。


確か翌日の昼ごろ鹿児島に着いた覚えがあります。銀行で日本円をドルに交換し沖縄行きの船に乗った、、


糸満でのホームスティと那覇の後輩の家とで2週間くらい滞在して青い海と歴史と人情を堪能し。。


帰りも那覇から船で鹿児島へ→宮崎の友達3人の家訪問→大分〜船〜神戸→

静岡の友人宅訪問→

上野駅まで1ヶ月の旅終了。


社会見学の青春1ページの想い出…前文が長くなりましたが……

それから沖縄を度々訪問し50年経過。


今回は、その50年前から毎年旅を続けている友達仲間と石垣島で再会です。全国から14名集まりました。


お互い ‘あなたどなた?’ などとならない間に、最後の一人が亡くなるまで毎年旅は続く事になっています。


来年は北海道に決まりました。


今日はみんなで石垣島のマングローブの林をクルージングし、由布島の牛車《4歳》と三線の旅。


そして、そしてやっぱり

八重山のそば

モズクのてんぷらがのっています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。