京都画壇の画家たち

山種美術館での「村上華岳ー京都画壇の画家たち」を観る。


村上華岳と京都美術学校1回生の仲間の

日本画、明治〜昭和初期の画壇の様子は

音声ガイド 21番 によりとてもわかり

やすく観ることが出来ました。


中でも

田能村直人の〈百花〉明治2は当時の花に

想いを巡らせ……と


山元春挙の〈火口の水〉大正14は

とても気に入っています。水辺の鹿で

その大きさを感じることができます。



上2枚は 残念ながら絵葉書です。


日本画の良さと時代的に外国の影響も

ある画には魅せられました。


ボッ〜と道を歩いていましたら

目の高さに黒い犬が居てビックリ!


ランチは、恵比寿の松玄で12種の

ぶっかけ蕎麦。



以前にも行ったことのある店ですが

今日は特別蕎麦が美味しかった。

麻布十番にもあるそうですが同じ系列の

店で麻布の方が古いそうです。

売り上げは恵比寿の方が多いとか、、、

聞いていないのに知らされました。、。、⚪︎

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。