日本版画会展へ

斉藤 清の版画が好きで会津・津にある

美術館まで見に行っていた事が思い出されます。


今回は、知り合いの方の出品があるので

都美術館で開催中の版画展を観てきました。


いつもは知り合いの和風的な版画を見ていたのですが

今回は新たな面を見たような気がします。

『ブラッセルの飲食街』



ベルギーは、オードリヘプパーン出身の地、

ブラッセルは明るい楽しい街《今はテロ騒ぎで大変な事に…ですが》。


今回は、ブルガリアからの招待参加もありました。画風がガラリと変わり戸惑います。


こちらは、お気に入りの一枚。

『あの日出会った秋』


帰り道

「うえの華燈路(はなとうろ)浮世絵行燈」

が両サイドにあり楽しめました。



浮世絵師 歌川広重の名所江戸百景からの

行燈のようです。



夕暮れ、夜でないのが残念。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。