シャンソン・フランス文化研究所へ

友達に誘われて市ヶ谷のシャンソン

コンサートへ。

会場は、ドリンク付きで始まる前の写真。


「悠路(ユウロ)と若き星たち」の

出演で何と悠路さん一人で30曲 、

4時間以上の熱唱・演奏に驚く。

若き星たちは、4人でした。


愛の賛歌はフランス語で、アデューは

悠路さん訳詩で。


悠路さんオリジナルの「パリへ・パリへ・

パリへ」は快活でリズムもよかった。


曲の半分は、フランス語で、日本語の時は

全部悠路さん自身の訳詩で歌っている

という。


「知らぬ間に心を奪われ、私は一人

ぼっち」という歌詞があったが……

真実を歌う事を心しているという。

悠路さんの…音楽の景色なのだろうか?


シャンソンとツリー(丸の内)も似合うと

思いました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。