三井家由来の名宝

三井記念美術館開館10周年記念展に

行きました。

この重厚なエレベーターで7階へ




平安・鎌倉・安土桃山・江戸時代の

国宝 他のお宝が……ザックザック


南宋時代・12.3世紀頃の「油滴天目」、

桃山時代の聚楽第図屏風、円山応挙筆

「雪松図屏風」など感動でした。


この頃の必需品はこれです

500円でポイントをじっくり見て歩けます。


いつも思うのですが美術館の掲示の説明文が

小さいのです。読みにくい事この上なしの為

借りるしかない。掲示物と同じくらいの

大きさで並んでいてもいいと思うのですが、、、事前に学習してきなさいという

事の表れ?でしょうか。展示物を損なわずの

配慮 ? 皆さん小さい字を読むために

立ち止まる時間も長く、、、


70歳以上1,000円の入場料。

心穏やかな今日に感謝して、、、。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。