さまざまな太鼓

鼓童〈新潟1981年結成、太鼓芸能集団〉と坂東玉三郎さんとのコラボコンサートがありました。


歌舞伎役者で人間国宝の坂東玉三郎さんは、


鼓童の芸術監督となり・太鼓演奏の作曲と


演出に関わっていました。

写真は、パンフレットより

舞台がこれまでと?ガラリと変わり全てが演出の範囲であるかのようなしつらえ、、、


玉三郎さんの作曲 最初は「去来」次いで


「哀愁」「木霊」「鍵盤」4曲を聴くのも見る


のも初めてでしたがビックリ仰天!しました。


太鼓とドラム( ドラム監修梶原徹也)の組み合わせも新しい発想で


これまで聞いたことのない作風……


今回のテーマが「混沌」なのですが

少しも混沌が感じられない!


日本の和太鼓の良さが表現され尽く

されている!

舞台と客席が一体となれる工夫もある。


残念なのは、曲の区切りがハッキリせず、、、くらいかな。


帰りに食べた一品 サーモン・トマトサラダもおいしかった!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。