今日は「密命」


16年前に初版となった佐伯泰英さんの

「密命 寒月霞斬り」を読み始めました。



読むきっかけは、先日深夜放送を聞いて

いましたら佐伯泰英さんの出演があって

密命がヒットするまでの話がありました。


スペインで生活し闘牛の写真とノンフェク

ション・冒険小説・ミステリーなどを

書き続けていたようでした。


その後、若い時から好きで読んでいた

時代小説に転向し、20日で一冊の書き

下ろし単行本作家になったようです。


主人公の前に次々に立ちふさがる刺客との勝負と、同時に描かれる下町の人々との人情味あふれる交流を書いているとの事で楽しみです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。