ノーモア戦争

リトアニアでユダヤ人を中心とした6000人の避難民にビザ発給し救い

その子孫が6万人いるという。


外交官としての杉原千畝(ちうね)を描いた映画の監督は外国人チェリン・グラック。



どんな展開をするかとても興味と関心があって……今年最後に見る映画となりました。


映画館は、大掃除を終わった?人で

結構沢山席が埋まっていていました。


世界の中での日本の置かれた状況も

客観的に描かれ、

杉原千畝の勇気ある決断と戦争に対する想い、、、この映画で本当に

ノーモア戦争!と思います。




今年の第二弾 年越し蕎麦は、

横浜元町 「木の芽」

機械打ちの蕎麦というが、、、殊の外

いい蕎麦に仕上がっていた。

適度な硬さと喉越し…蕎麦つゆにも

マッチしている。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。