水の神秘

サントリー美術館の床は、サントリー

ウイスキーの樽材を使っていて

樹齢100年前のホワイトオーク。


木材を使うなど「和」をイメージした

デザインが特徴的で、「和の大家」とも

称されている隈研吾のデザイン。


今日は、そんな中で

「水ー神秘のかたち」を見てきました。



四方を海に囲まれアルプスが縦断する

水とは縁の深い日本が古来から水を

どのように考えてきたかが少しわかった

新春のひと時でした。


紀元前の時代から「流水文銅鐸」には

水の文様が表されていたり、

中世の絵巻物、屏風、坐像、などにも

水に関わる造形物が多く、日本人の

水・水源に対する信仰、神仏に対する

想いを知ることができた時間でした。


ミッドタウンフロアでの新春

コンサートを聴きながら

ウインドウショッピングもできました。



第92回箱根駅伝品川駅前でチョコット応援。

数々の感動ドラマのある大学駅伝は

ドキドキします。

ゴールに向かって走っているのは10位前後?



記念のボーペン400円で買いました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。