初春歌舞伎

友達の声がけで 歌舞伎役者

片岡亀蔵さんの出演している



狂言・小春隠沖津白波《こはるなぎ

おきつしらなみ》


歌舞伎公演を見に行きました。


亀蔵さんの確保して頂いた席で

間近で見ると一段と舞台も広く

舞台芸術も素晴らしく

演目に見入りました。


河竹黙阿弥生誕200年を記念しての

作品で尾上菊五郎監修した舞台は、

現代を取り入れた上演で迫力があり

深い味わいがありました。


平成28年の幕開けは、お正月に

相応しい華やかさから始まりました。


初演は、1864年の市村座といい

ますから152年前に気持ちはタイム

スリップもして……しかしアレンジして

また新たな本物をしっかり見れることは

幸せなひと時でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。