子どもの貧困率

経済協力開発機構《OECD》は、加盟国34カ国の子どもの貧困率を公表している。


日本の子どもは平均の13.7%を上回り15.7%で《平成21・2009年》11番目に高いという。


内閣府のグラフを見ても日本の貧困率は1990年半ばから上昇傾向にある。


国の小・中学生の就学援助は過去最高の15.64%にはなっているが。。。


ドイツ・韓国も貧困率は平均以下。


日本の少子化を考えると貧困率は平均以下に

なって欲しい。6人に一人の子どもが貧困レベルで暮らしているというが成長期の大事な人生に何とか手を差し伸べたいが、、、

朝日新聞2015.10.14

朝日新聞2015.1015

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。